CMSとレンタルサーバの実験室
いろいろやってみようねっとに 新規登録しませんか?  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ブログカテゴリー
自作ツール
提供

2006年11月14日(火曜日)

[XOOPS] SmartFAQでナゾの承認待ちの質問や承認待ちFAQがある時の対処法

カテゴリー: - webmaster @ 15時00分36秒

このサイトはXOOPSで動いていますがモジュールの一つにSmartFAQというものがあります。
(日本語の言語モジュールはこちら

元々外国産のモジュールですが標準のFAQに比べ
機能的に非常に優れており好んで利用しているのですが、結構不具合もある感じです^^;

このモジュールは既にバージョンアップの見込みもなさそうなので
不具合解決を待つわけにも行かず仕方なく対策を考えてみようかと。

1つめはナゾの記事(投稿)が発生する問題です。
Webブラウザからは見ることのできない項目が発生してしまうんですよね-.-;

私の確認した限り

・承認待ちの質問
・承認待ちFAQ

で発生していることを確認しています。

実はサイトを運営し始めてすぐにこの状況に気づいていたのですが、
知らんぷりしてました(ぉぃ

で、本題の対策方法ですが、今回はやっつけです。
その方法は直接データベースを弄るという危険極まりない行為です …(; -.-)
ですのでデータベースを弄れる自身のない方はご遠慮下さい

【方法】

1.見られない記事(投稿専用)のカテゴリーを作成します。

  普通にWebブラウザで作成しましょう

2.カテゴリーの内容を変更します。

  データベース中の「smartfaq_categories」が操作するテーブルです。
  このテーブル中に1で作成したデータがあるので探していただき
  そのデータの「categoryid」を「0」(ゼロ)に設定します。

これでWebブラウザ上から今までなぜか見ることの出来なかったものが見られるようになります^^
後は普通に煮るなり焼くなりお好きにどうぞw

結果から推測するに見えない記事(投稿)は実はスパムなんです。
通常のI/Fで投稿されていないためデータベースへの格納データがおかしくなっているわけです。
これを受け入れてしまうSmartFAQの処理も問題なわけですが。。。
という訳で根本解決する道も見えたりするわけですがそれはまた後日ということで(逃っ


2006年11月13日(月曜日)

XServerの自動インストールって…

私も昔利用していた人気のレンタルサーバのエックスサーバーですが、
久しぶりに訪れてみると「自動インストール」のくだりが。
今私の使っているオーシャンインターネットですが、
こちらも「簡単インストール」という名のサービスがあります。

CMSなどの複雑なプログラムを簡単に導入できるため
Web初心者の方には非常に便利なサービスと思います。

エックスサーバーの自動インストールがどんなものかチェックしてみました。

1.利用料金

 無料のようです。
 オーシャンは1アプリケーション315円ですのでお得ですね。

2.導入手順

 1)データベースを使うタイプのアプリケーションでは

  ・データベースの作成
  ・データベースユーザの作成
  ・データベースユーザの権限設定

  の3手順が必要です。しかも全部別画面

 2)自動インストール実施

  利用するアプリケーションを選んだ後
  ・データベースの設定
  ・インストール先の設定
  ・アプリケーション固有の設定

  となります。しかも管理者権限のIDやパスワードは固定???

 オーシャンではデータベースの3手順が全く必要ありませんし、
 1画面で設定が完了します。しかも管理者権限の情報は固定でなく任意に設定します。
 さらに一度導入したアプリケーションの設定をコンパネからも変更可能。

ちょっと簡単にまとめすぎたかも知れませんが、大きな違いはそんなところでしょうか。

・利用料金の観点から見るとエックスサーバーがお得
・それ以外の全ての面でオーシャンが2,3歩リードといった感じ
・エックスサーバーは操作が複雑でインストール時の管理者権限の設定が固定値のためセキュリティーの面で不安
 (後で変更しろと言うことでしょうが、だったらはじめから変更できるようにすべき)

もともと自分でインストールできるような人は自分で導入してしまうわけで
初心者向けのサービスですから、そういった視点でサービス内容を見てみても
オーシャンの方向性が正しいと思ったりします。

ふと気づいた。「XServerの自動インストールって実はほとんど手動じゃん!

ということでWebアプリケーションのインストールに不安のある方は
オーシャンレンタルサーバの簡単インストールを使ってみることをオススメします。

あっ! もちろんエックスサーバーもこの件以外では良いところはあります。
あくまでWebアプリケーションの導入のしやすさという観点でのお話ですのでお間違えなきよう^^;


2006年11月7日(火曜日)

日本語ドメイン変換ツール

カテゴリー: - webmaster @ 14時32分08秒

久々にツールを作ってみました^^

今回は日本語ドメインのURL変換ツールでございます

世の中は日本語(マルチバイト)ドメインが使えるようになって久しいですが、
やはりまだまだ基本はシングルバイトな世界でありまして
日本語ドメインを扱えないソフトも多いのです。

教えてもらったアドレスにアクセスしてもエラーになる。。。。
そこに目指すものがあるはずなのにたどり着けない。。。

なんてことを経験した人もいるかも知れません。
今回はこんな方に使ってもらうためのツールです。

何をするかというと
日本語ドメインが使えないソフトでも日本語ドメインのサイトへアクセスするための
URLに変換してしまうという優れもの(いや、大したことはない)

逆に呪文のようなURLを日本語ドメインに戻すことも可能です。
日本語ドメインの場合は「xn-」からはじまるURLですのでそれ以外のURLは
そのまま変換されません^^;

どうぞご利用になってみてください^^

日本語ドメイン変換ツール

# 有名どころではFFFTPも日本語ドメインに対応していないようです
# このツールを使って導いたアドレスでアクセスするとバッチリ!…のはずです


22 queries. 0.067 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索
カレンダー
2006年 11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿
最近のコメント

 Comment RSS
アクセス解析
本サイトはphp-stats
使用しています