CMSとレンタルサーバの実験室
いろいろやってみようねっとに 新規登録しませんか?  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ブログカテゴリー
自作ツール
提供

2006年10月31日(火曜日)

[CMS] WordPressMeのアップデート(2.0.4 から 2.0.5 へ)

カテゴリー: - webmaster @ 12時19分34秒

先日WordPressMeがアップデートしたようですね。早速チェックしてみました。

主な変更内容は

 ・Author 関係のテンプレートタグ周りの修正
 ・バックアッププラグインの FIX
 ・投稿データのフィルタリング
 ・i18n の修正や追加(ME では殆んど目にすることの無い箇所については追加していません)

とのことです。投稿データのフィルタリングというところがセキュリティの観点でみると重要そうですので
アップデートはしておいた方が良さそうですね^^

今回は前回紹介した2.03からの2.04のアップデートとは違いデータベースのアップデートを
実施しないといけないようですので、1ステップ手順が増えます。

まずは公式サイトよりアップデートファイルをダウンロードしましょう。

面倒な方は↓こちらからどうぞ
me204-to-205.zip

ダウンロードが完了したらファイルを解凍し、
wordpressフォルダ以下のファイルをWordPressMeのインストール先へ
全て上書きでコピーします。

次はデータベースのアップデートです。 
WordPressMeのインストールされているURL + wp-admin/upgrade.php

例えば http://www.example.com がトップページの場合
 http://www.example.com/wp-admin/upgrade.php

へアクセスしましょう。
するとデータベースのアップデートマネージャが立ち上がりますので
後は指示されるままに実行してください。(今回は1ステップだけだと思います)

これでアップデートは完了です^^

オーシャンレンタルサーバ内のwordpressのテストサイトで
動作確認してみたところ特に問題はないようです。



2006年7月31日(月曜日)

[CMS] WordPressMeのアップデート(2.0.3 から 2.0.4 へ)

カテゴリー: - webmaster @ 16時43分02秒

先週末のXOOPSのアップデートに続き
本日WordPressMeもアップデートしたようなので早速適用してみました。

なお変更内容は不明です(公表されていません)^^;;;
データベース構造は変わらないためファイルの置き換えだけですむようですが、
変更ファイル数は結構あります。

まずは公式サイトよりアップデートファイルをダウンロードしましょう。

面倒な方は↓こちらからどうぞ
me203-to-204.zip

ダウンロードが完了したらファイルを解凍し、
wordpressフォルダ以下のファイルをWordPressMeのインストール先へ
全て上書きでコピーします。

2.0.3から2.0.4へのバージョンアップはこれだけで終了です^^

オーシャンレンタルサーバ内のwordpressのテストサイトで
動作確認してみたところ特に問題はないようです。

変更内容が不明なためおすすめはしづらいですが
アップデート前より悪くなることはそうそうないと思いますので
お暇のある方はアップデートしてみてはいかがでしょうか?



関連記事:WordPressは使えますか?
導入先:いろいろやってみよう WordPress編


2006年4月19日(水曜日)

【CMS】 Word Press ME の運用時の文字コード変更

カテゴリー: - webmaster @ 15時30分03秒

前回WordPressMeをインストールする際に文字コードを変更する方法を
紹介しましたが、今回は既に運用してしまっているサイトでの変更方法を書きたいと思います。
この方法はUTF-8からEUCでもEUCからUTF-8への変更でも可能と思います。

最低限データベースのデータがファイル化できないといけませんので
それを確認しましょう。

 ○sshなどでシェルログイン出来る人
   mysqldumpコマンドが使えるかどうか
 ○Webからしかアクセスできない人
   phpmyadminなどでデータベースのエクスポートが出来るかどうか

他の方法もあるかもしれませんので、
もしこの2つの方法が使えなさそうな場合はサポートに連絡して確認しましょう。

では方法です

 方法(既に運用している場合)

  1. 今の文字コードを確認

    【方法1】
    管理者IDでログイン後「オプション」→「表示設定」と辿っていき
    「ブログの文字コード」を確認します。

    「EUC-JP」ならEUC、「UTF-8」ならUTF-8です。

    【方法2】
    WordPressMEをインストールしたトップディレクトリに「wp-config.php」という
    ファイルがありますのでこれを覗いてください。

    場所
     3行目付近の「mb_internal_encoding」
     18行目付近の「define (’WPLANG’, ‘〜’);」

    それぞれ
    EUC-JP」、「ja_EUC」とあればEUCで運用されています。
    UTF-8」、「ja_UTF」となっていればUTF-8で運用されています。

  2. データベースの変換
    WordPressで使用しているデータベースをファイルにします。
    ここで保存したファイルは最悪の時に元に戻せるよう最終確認するまで
    保存しておきましょう

    【方法1】 mysqldumpを使う
      mysqldump (データベース名) > (保存するファイル名)

      このファイルをFTPなどで自分のPCへ保存します。

    【方法2】 phpmyadminを使う場合
      ブラウザでphpmyadminへアクセスしWordPressのデータベースを選択します。
      エクスポートを選択し「「DROP TABLE」を追加する」を
      チェックした状態で自分のPCにファイルに保存します。

  3. データベースの文字コードの変更
    秀丸など複数の文字コードに対応したテキストエディタで保存したファイルを開きます。
    このとき開いたファイルが読める日本語になっていることを確認しましょう。
    呪文になっていたら文字コードが間違っている可能性が高いので
     違う文字コードでファイルを読み直してください)

    確認したら運用後の文字コードに合わせてファイルを保存し直します。
    このときもしもの為に違うファイル名にしておくと良いでしょう。

  4. WordPressMEの設定を変更
    前回の記事の「Web上から文字コード設定」「ファイルを編集して文字コード設定」を参考に
    使用したい文字コードの設定に変更します。

  5. データベースの入れ替え
    上記でテキストファイルに保存したファイルを読み込みます。

    【方法1】 シェルにログイン出来る場合
      mysql -u (ユーザ名) -p (データベース名) < (保存したファイル名)

    【方法2】
      ブラウザでphpmyadminへアクセスしWordPressのデータベースを選択します。
      SQL(またはインポート)を選択し、保存したファイルをアップロードします。

  6. 動作確認
    WordPressにアクセスしきちんと表示できていることを確認します。
    文字化けしてしまう場合などはどこかの設定を間違っている可能性があります。
    再度チャレンジしてみましょう。


2006年4月17日(月曜日)

[CMS] Word Press ME インストール時にしておきたい設定

カテゴリー: - webmaster @ 16時21分02秒

日本にはS-JISEUCUTF-8など同じ言葉なのにいくつもの文字コードがありますね。
Webで何らかのシステムを使用するときにまず気をつけないといけないのがこの文字コードです。
CMSの一つであるWordPressの日本ユーザー向けパッケージである
WordPressME ですが、このシステムはデフォルトがEUCで動くようになっています。

最近のWebシステムはUTF-8を使うことが多くなってきました。
特にRSSやトラックバックなどを使用するシステムは
UTF-8を前提に動く
ものが多いようです。

WordPressもWeb上から全て行う事が前提だと問題はないのですが、
携帯からの投稿やblogAPIを使用した投稿などでは文字化けが発生することがあります
(実際にこのサイトでもblogAPI経由の書き込みが化けることを確認しました)

ということでWordPressを問題が一番発生しずらい
EUC運用からUTF-8運用へと変更しておきましょう。

方法(これから使い始める場合)

  1. WordPressをインストール
    通常通りセットアップWizardなどからWordPressをセットアップしましょう。
    このとき注意することは設定内容に日本語を使わないことです。
    (別に使っても良いですがこの後の操作で文字化けしてしまうので結局変更することになります)

  2. Web上から文字コード設定
    WordPressMEのデフォルトはEUC-JPです。
    管理者IDでログイン後「オプション」→「表示設定」と辿っていき「ブログの文字コード」を変更します。

    EUC-JP」 → 「UTF-8

    この時点で、WordPressの文字コードが化けるようになりますが、心配しないでください^^

  3. ファイルを編集して文字コード設定
    WordPressMEをインストールしたトップディレクトリに「wp-config.php」という
    ファイルがありますのでこれを編集します。

    編集箇所
     3行目付近の「mb_internal_encoding(”EUC-JP“);」を「mb_internal_encoding(”UTF-8“);」へ変更
     18行目付近の「define (’WPLANG’, ‘ja_EUC‘);」を「define (’WPLANG’, ‘ja_UTF‘);」へ変更

これで完了です!
WordPressにアクセスして見てください。2の時点で化けていたものが
正常に表示されるようになっていれば大丈夫です!
(だめな人は念のためリロードしてみてください)

変更したファイルをサーバにアップロードをし忘れないようだけ気をつけてくださいね^^;

正常に変更が完了しましたら、あとはご自由にWordPressを弄り倒してください。

他のシステムへ移行するときなども文字コード変換周りで色々と面倒になりますので
UTF-8で運用しておいた方が良いと思います
よ^^

ちなみに確認した環境はWordPressME 2.0.2です。
こちらにWordPressMEのFAQとしてまとめました。


24 queries. 0.056 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索
カレンダー
2018年 12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿
最近のコメント

 Comment RSS
アクセス解析
本サイトはphp-stats
使用しています