CMSとレンタルサーバの実験室
いろいろやってみようねっとに 新規登録しませんか?  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ブログカテゴリー
自作ツール
提供

2006年12月28日(木曜日)

[CMS] drupalを再導入してみる

以前FAQに「drupalが使えないT-T」と記載していましたが、
サーバの引っ越し後はどうだろうと思ってアクセスしてみたところ…全く問題なく動いてます!!!

OSが変わったことでライブラリも新しくなったようで
以前のエラーは跡形もなくなりました^^

私が一番得意でお気に入りのCMSなので非常に嬉しいですね^^/

先日の記事のXOOPS Cube同様、動かなかったためインストールだけして
知らんぷりしてましたので、再度最新バージョンをインストールし直して見ることにしました。

XOOPS Cubeはソースコードを変更しないと文字化け問題が解決できなかったのですが
drupalはすんなり動いてくれます! 素晴らしい! ますます気に入りました
(ちゃんともともとのソースコードで対策をしています)

このサイトもdrupalに鞍替えしようかな〜
でも多分面倒くさがってこのままでしょう^^;

drupalは軽くて高機能! オススメですよ!

インストールが大変じゃないの? と思う方はタイムリーなことに
オーシャンレンタルサーバで簡単インストールというサービスがあるのですが、
ついこの前drupalも対応した模様です。

インストール自体はそれほど難しくはないですが、
ブラウザだけでは設定できないCMSですので、
面倒なことが嫌いな人は使ってみると良いかも知れませんね^^


2006年12月27日(水曜日)

[CMS] XOOPS Cubeを再導入してみる

サーバの引っ越しをしてMySQLのメジャーバージョンが変わったことは
昨日書きましたが、ということは…

今まで動かせなかったXOOPS Cubeが動くのかな?
ということで設置しただけで放っておいたサイトを確認してみると
なんと普通に動きそうじゃありませんか!!^^/

以前はXOOPSの設定などをするとデータベースの中身が
壊れてしまいましたが特に問題が発生しないようです。
これはちょっと嬉しいカモ^^

念のためPleskからphpMyAdminを使ってデータベースを見てみると
あらっ 2バイトコードが化けているT-T
テーブルのキャラクタコードが「latin1_swedish_ci」となっている。。。
前はEUCだったような気が。。。引っ越し時のデータ移動で変わってしまったかな?

とりあえずphpMyAdminからデータ変更しなければ問題なさそうなので
そっとしておいてもいいかな? と思いましたが気持ち悪さと
元々インストールしただけの状態だったのでもう一回入れ直してみた。

すると。。。今度はブラウザ表示もphpMyAdminも文字化けが。。。T-T

これはMySQL最大のウィークポイントのあの文字コード勝手変換機能のせいだ!
と思ったのでそれを回避すべくソースコードを弄ってみる。

変更したのは以下の通り

(XOOPS Cubeインストール先)/class/database/mysqldatabase.php (80行目付近)

  function connect($selectdb = true)
  {
    if (XOOPS_DB_PCONNECT == 1) {
      $this->conn = @mysql_pconnect(XOOPS_DB_HOST, XOOPS_DB_USER, XOOPS_DB_PASS);
    } else {
      $this->conn = @mysql_connect(XOOPS_DB_HOST, XOOPS_DB_USER, XOOPS_DB_PASS);
    }
    mysql_query("SET NAMES ujis”, $this->conn);
    if (!$this->conn) {
      $this->logger->addQuery('’, $this->error(), $this->errno());
      return false;
    }
   
    if($selectdb != false){
      if (!mysql_select_db(XOOPS_DB_NAME)) {
        $this->logger->addQuery('’, $this->error(), $this->errno());
        return false;
      }
    }
    return true;
  }

データベースアクセスの際に使用する文字コードを明示してあげることで
間違った変換をすることがなくなるはずです。

上の変更をした後、再度インストールして動作を見てみると…
バッチリOKでした!

もし同様の問題でお悩みの方がいらっしゃいましたら是非試してみてください!


2006年12月26日(火曜日)

オーシャンレンタルサーバ進化中? その3

気づいたらもうすっかり年の瀬ですね〜
気づくと時間だけが経っている。そんな感じの毎日です^^;
そんなことはさておき、久々にブログでも書いてみよう(ぉぃ

先月末にこのサイトの設置先であるオーシャンレンタルサーバでお引っ越しがありました。
誤解のないようにしておきますが、遅いとか、重いとかそんなわけではなく、
クレーマーになったわけでもありませんよ(笑

今回はコントロールパネルのバージョンアップと、OSの変更のためということでした。
ちなみにHP(ここ)にも情報が出ていますが、こちらではOS変更については書かれていませんね。
(メールにはOSの事も書いてありました)

コントロールパネル
 Plesk7.5.4 → Plesk8.0.1
OS
 RedHat9 → CentOS4.4

に変わったようです。

Plesk8は実際使ってみても何が変わったのか分からない程度の違いしか感じられないのですが
OSの変更による環境変化は大きいのではないかと思っています。

ベースとなるパッケージがごっそり変わっている感じなので
果たしてうまくいくものかと心配でした。。。

MySQLが3系から4.1系になったことが一番の懸念点でしょう。
文字コードの扱いが全く変わってしまっているため、
データベース周りで不具合が続発する可能性があります。

とりあえずいろいろなCMSをインストールして遊んでいる私としては
その辺がどんなものか確認していかないといけません。
過去の経験からすると結構面倒なことになりそうな気がしますが。。。
でもそれが楽しみでもあったりする^^

とりあえず既存のコンテンツは大丈夫そうかな???

ということでしばらくはまたブログの更新が止まりそうです(ぉぃ

ではまたいつの日か(^^)/~~


2006年11月13日(月曜日)

XServerの自動インストールって…

私も昔利用していた人気のレンタルサーバのエックスサーバーですが、
久しぶりに訪れてみると「自動インストール」のくだりが。
今私の使っているオーシャンインターネットですが、
こちらも「簡単インストール」という名のサービスがあります。

CMSなどの複雑なプログラムを簡単に導入できるため
Web初心者の方には非常に便利なサービスと思います。

エックスサーバーの自動インストールがどんなものかチェックしてみました。

1.利用料金

 無料のようです。
 オーシャンは1アプリケーション315円ですのでお得ですね。

2.導入手順

 1)データベースを使うタイプのアプリケーションでは

  ・データベースの作成
  ・データベースユーザの作成
  ・データベースユーザの権限設定

  の3手順が必要です。しかも全部別画面

 2)自動インストール実施

  利用するアプリケーションを選んだ後
  ・データベースの設定
  ・インストール先の設定
  ・アプリケーション固有の設定

  となります。しかも管理者権限のIDやパスワードは固定???

 オーシャンではデータベースの3手順が全く必要ありませんし、
 1画面で設定が完了します。しかも管理者権限の情報は固定でなく任意に設定します。
 さらに一度導入したアプリケーションの設定をコンパネからも変更可能。

ちょっと簡単にまとめすぎたかも知れませんが、大きな違いはそんなところでしょうか。

・利用料金の観点から見るとエックスサーバーがお得
・それ以外の全ての面でオーシャンが2,3歩リードといった感じ
・エックスサーバーは操作が複雑でインストール時の管理者権限の設定が固定値のためセキュリティーの面で不安
 (後で変更しろと言うことでしょうが、だったらはじめから変更できるようにすべき)

もともと自分でインストールできるような人は自分で導入してしまうわけで
初心者向けのサービスですから、そういった視点でサービス内容を見てみても
オーシャンの方向性が正しいと思ったりします。

ふと気づいた。「XServerの自動インストールって実はほとんど手動じゃん!

ということでWebアプリケーションのインストールに不安のある方は
オーシャンレンタルサーバの簡単インストールを使ってみることをオススメします。

あっ! もちろんエックスサーバーもこの件以外では良いところはあります。
あくまでWebアプリケーションの導入のしやすさという観点でのお話ですのでお間違えなきよう^^;


2006年10月2日(月曜日)

[CMS] WordPressMeのアップデートで英語版に化けてしまう場合

カテゴリー: - webmaster @ 17時48分13秒

WordPressMEをアップデートする方法を以前記事にしましたが、
オーシャンレンタルサーバでは特に問題にならなかったものの
レンタルサーバによっては管理画面が英語版に様変わりしてしまうという問題があるようです。
というか確実にあります(新規インストールでもアップデートでも経験済み^^; )

ネットで調べた感じですと
XREA
80code.com
XServer

の3つのレンタルサーバで現象が発生した模様です。(今回だけでなく過去発生分含む)
ただし、Xserverについては既に対策済みのようですので、今現在は大丈夫なのかも知れません。
もしそのほかに同じ現象に遭遇してしまった場合は情報の共有になるかと思うので
この記事にコメントしていただくかトラックバックをいただけると嬉しかったりします^^

原因はプログラマの世界のお話に入ってしまうのでここでは割愛しますが
もしご興味がありましたらこちらを参考にしてみて下さい。

で対策方法ですが、以下を実施してみてください。

【方法】 wp-includes/gettext.php を差し替える。

 こちらのファイルをダウンロードして差し替えてください。

 ただし、このファイルは多少古いバージョン用に供給されたファイルですので
 その点をご了承下さい。

 もし最新のバージョン(2.0.4)向けのものが欲しければこちらからどうぞ。
 ちなみにこれは私が前記のファイルと最近のファイルを合成して作成したものですので
 確実な動作保証は出来ませんが私の環境では動いているようです^^;

差し替えたら英語表示になってしまった管理画面にアクセスしてみてください。
きっと解決出来ていると思います^^

もしこれで解決できなかった場合はごめんなさい m(_ _)m

p.s.
 新規インストールの場合はそもそも日本語設定が間違っている可能性もありますので
 まずはそちらを疑うと良いかと思います。
 私の過去の記事(これ)を参考にどうぞ。



関連FAQ:WordPressMEをアップデートしたら管理画面が英語になってしまった場合の対処法は?


2006年8月24日(木曜日)

オーシャンレンタルサーバ進化中? その2

サポートの良さなどで最近ますますお気に入りの
オーシャンレンタルサーバですが、
今月から料金の支払いにクレカとコンビニでの決済
出来るようになりましたね^^

今までは銀行振込だけだったので正直
毎月お金を振り込む手間+振込手数料があって
ちょっと不便(というかもったいなさ)を感じていたのですが
これで楽になりますね♪

よく考えると振込手数料がないだけで
私の契約の場合1年でおよそ2ヶ月分の利用料が捻出できるんですよね。
ちゃんと考えてみるとかなり無駄だったなぁ〜と思います -.-;

ということで早速クレカ払いを人柱してきましたw
決済自体はルミーズという決済サイトのサービスを利用しているようです。
日本の決済会社ということで手続きも全て日本語環境で出来るので
難しいことはありませんでした。

何事もなく無事決済出来ました^^ (当たり前

特別な手数料を取られることはないようで
これで毎月の振込手数料がまるまる浮きますので嬉しい限りです。

来月はブログネタにコンビニ決済してみようかなw


2006年8月23日(水曜日)

オーシャンレンタルサーバ進化中? その2 の前に

昨日

「まぁ寝言と思って…是非対応してください! >オーシャンさん (嘘です^^; 」

という一言を書いたところ、なんと対応していただいたようです!!!^^;;;;;;

こんな一庶民のサイトをみていただいた上に意見を聞いていただき
本当にあざーっす!!! m(_ _)m

CMS更新情報のまとめページにRSSアイコンが追加されており
このアイコンのリンクをお手持ちのRSSリーダに登録すると
簡単にCMSの情報を得られるようになります。

早速登録したいと思います!

感謝感謝です >オーシャン様

オーシャンレンタルサーバさいこーっす

皆さんも登録されてみてはいかがでしょうか!^^


2006年8月22日(火曜日)

オーシャンレンタルサーバ進化中? その1

みなさまご無沙汰しております^^;
またもや久しぶりのブログとなりました。
なんだかんだでなかなか毎日とはいかないものですね。。。

そんなことはさて本サイトでも利用しているオーシャンレンタルサーバですが、
短期間に次から次へ変化を遂げているようです。

しばらく前にCMS簡単インストールサービスを紹介しましたが
今度はそのCMSの更新情報を提供し始めたみたいです。
(といっても私が気づかなかっただけで8月頭から提供しているみたいです^^;)
ざっと見た感じ各CMSの本家HPのRSSを引っ張ってきてまとめている感じでしょうか。

これは私のようなCMSで遊ぼうという人間には便利な情報ですね^^
欲を言えばこの情報がRSS配信されているとありがたいかも…^^;;;

一応私も各CMSのHPのRSSはRSSリーダで購読しているので、
同じ情報は取得しているはずですが、何十ものサイトを個別に取得するよりも
かなり時間的な手間が省けるはずなので価値があるかなぁ〜
なんて思うわけです。
RSSリーダに登録してあるサイト数が多ければ多いほど
まとめ情報サイトって嬉しいですよね(そんなことありません?^^;

まぁ寝言と思って…是非対応してください! >オーシャンさん (嘘です^^;

前回の簡単インストールサービス開始といい
レンタルサーバの方向性としてはCMSを積極的に使ってもらおうという戦略
が見えてきたような気がします。

一般的にCMSはサーバにかかる負荷が大きいとされますので
あまりにも利用者が増えると私にも影響が出そうで怖いところがありますが、
より情報交換が出来るようになると考えると嬉しい状況になりそうですね。

CMSで遊んでみたい方にピッタリの「オーシャンレンタルサーバ
おすすめ度アップです!

長くなりすぎたのでその他変更点は次回に持ち越します m(_ _)m


2006年7月21日(金曜日)

[CMS] osCommerceを入れてみる

今回は初めてEC関連のosCommerceの導入を試みました。
場所はいつも通りオーシャンレンタルサーバです。

結果だけ先に言うと導入は出来たようです。
今回は一通り動くようになるまでにいろいろと苦労させられたためです。
(ちなみにインストール先はこちら

ざっと気になった(余計な作業をさせられた)部分を書き出すと

・パッケージ選択
 どうやら一般的にはPHPの基本設定が「register_global = on」で動くもので
 これがoffだと専用のパッケージが必要。

 register_globalはセキュリティーの関係でoffにすることが推奨されているため
 大抵のサーバはoffで設定されている。(オーシャンもそうでした)
 よって「register_global = off対応版」というパッケージを使うこと!
 「register_global = off対応版」でないと大抵のサーバでは動きません

 ファイルは両方ともここにあります。
 この中から「oscommerce-2.2ms1j-R5-rgoff.tar.gz」をダウンロードして使いましょう。

・ドキュメントの不備
 日本語版パッケージには日本語のインストールマニュアルがあるのですが、
 そこにあるままインストールしてもいくつかアクセス権絡みの問題が発生します。

 /admin/backups
 /admin/images
 /admin/images/graphs 自身とその中にあるファイル

 これらのディレクトリ・ファイルに777の権限を与えないと、
 ファイルのデータベースのバックアップ機能や
 バナー管理機能が正常に動作しませんでした。

・全体的なシステムファイルのインストール位置の問題
 ショッピングサイトをやりたいと思ったらドメインのトップ階層

 http://(osCommerceのインストール場所)/

 でWeb表示されるようになって欲しいと思うものかと思いますが、
 インストールドキュメントの方法でインストールをすると、

 http://(osCommerceのインストール場所)/catalog/default.php 

 というなんとも理解しづらいURLにアクセスしなくてはなりません。。。
 トップ階層にはなにもファイルが配置されないのでエラーになってしまいますし、
 基本的にはUnix系OSで動かすものでしょうから
 default.phpはないだろうと思うのですが・・・

 なんとも不思議なマニュアルです。 インストールする際はcatalog系設定は

 /catalog/ → /

 へ変更されることをおすすめします。

インストールする際は以上の点に注意して下さいませ。

このパッケージに関しては作業量が他のアプリケーションと比べ多いので
インストール経験のない方はオーシャンレンタルサーバで提供している
簡単インストールサービス(osCommerce)を使うのも良い選択肢だと思いました。

 


2006年7月19日(水曜日)

[CMS] Nucleusを入れてみる

オーシャンレンタルサーバの新規サービスとしてサポートされた
Nucleusのインストール(Nucleusの簡単インストール)ですが、
後追いながらサービスを使用せず自力で導入をしてみました。

NucleusはUTF-8版とEUC版が別パッケージとして提供されているのですが、
私が実験したのはUTF-8版の方です。
最近のサーバはUTFが標準になりつつありますので、
特殊な理由がない限りはどんなソフトもUTF版を利用した方が良いと思っています。

ちなみにオーシャンレンタルサーバばRedHat9上で動いているようなのでEUCがデフォルトです^^;

インストールの課程はオーシャン公式HPのCMS導入ガイドにあるそのままでした。
オーシャンはEUC版で説明していますがこれがUTF-8版になっただけです。

簡単に初期設定やブログ投稿テストをしてみましたが全く問題なく動いています。
いろいろやってみよう Nucleus編 ←こちらにインストールしました

複数ブログが簡単にできるところが良いですね^^
複数人で運営するようなサイトにはブログ毎に別インストールする必要も無いので
管理がしやすくてよいのではないでしょうか


関連FAQ:Nucleusは使えますか?
導入先:いろいろやってみよう Nucleus編


36 queries. 0.094 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索
カレンダー
2018年 10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿
最近のコメント

 Comment RSS
アクセス解析
本サイトはphp-stats
使用しています