CMSとレンタルサーバの実験室
いろいろやってみようねっとに 新規登録しませんか?  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ブログカテゴリー
自作ツール
提供

2006年7月21日(金曜日)

[CMS] osCommerceを入れてみる

今回は初めてEC関連のosCommerceの導入を試みました。
場所はいつも通りオーシャンレンタルサーバです。

結果だけ先に言うと導入は出来たようです。
今回は一通り動くようになるまでにいろいろと苦労させられたためです。
(ちなみにインストール先はこちら

ざっと気になった(余計な作業をさせられた)部分を書き出すと

・パッケージ選択
 どうやら一般的にはPHPの基本設定が「register_global = on」で動くもので
 これがoffだと専用のパッケージが必要。

 register_globalはセキュリティーの関係でoffにすることが推奨されているため
 大抵のサーバはoffで設定されている。(オーシャンもそうでした)
 よって「register_global = off対応版」というパッケージを使うこと!
 「register_global = off対応版」でないと大抵のサーバでは動きません

 ファイルは両方ともここにあります。
 この中から「oscommerce-2.2ms1j-R5-rgoff.tar.gz」をダウンロードして使いましょう。

・ドキュメントの不備
 日本語版パッケージには日本語のインストールマニュアルがあるのですが、
 そこにあるままインストールしてもいくつかアクセス権絡みの問題が発生します。

 /admin/backups
 /admin/images
 /admin/images/graphs 自身とその中にあるファイル

 これらのディレクトリ・ファイルに777の権限を与えないと、
 ファイルのデータベースのバックアップ機能や
 バナー管理機能が正常に動作しませんでした。

・全体的なシステムファイルのインストール位置の問題
 ショッピングサイトをやりたいと思ったらドメインのトップ階層

 http://(osCommerceのインストール場所)/

 でWeb表示されるようになって欲しいと思うものかと思いますが、
 インストールドキュメントの方法でインストールをすると、

 http://(osCommerceのインストール場所)/catalog/default.php 

 というなんとも理解しづらいURLにアクセスしなくてはなりません。。。
 トップ階層にはなにもファイルが配置されないのでエラーになってしまいますし、
 基本的にはUnix系OSで動かすものでしょうから
 default.phpはないだろうと思うのですが・・・

 なんとも不思議なマニュアルです。 インストールする際はcatalog系設定は

 /catalog/ → /

 へ変更されることをおすすめします。

インストールする際は以上の点に注意して下さいませ。

このパッケージに関しては作業量が他のアプリケーションと比べ多いので
インストール経験のない方はオーシャンレンタルサーバで提供している
簡単インストールサービス(osCommerce)を使うのも良い選択肢だと思いました。

 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.yattemiyo.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/50

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

22 queries. 0.154 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索
カレンダー
2006年 7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿
最近のコメント

 Comment RSS
アクセス解析
本サイトはphp-stats
使用しています